エマウスの活動内容
海外からの研修生・
 ボランティア
日本
そのほかの国
ボランティア募集のご案内
日本からの研修生・ボランティア
(Estagiários / Voluntários do Japão)



エマウス訪問の感想 2009年2月 長田麻菜さん


まず、エマウスに行ってびっくりしたこと、それは子供達がとっても人懐っこく、想像と違ってシャイな子が多かったことです。もちろん、それは子供達によりますが、、、。一人ひとり個性があり(当たり前ですが)、皆仲良く生活しているように思えました。

 
1日目は子供達にエマウスの中を案内してもらいました。子供達が作った人形の洋服(素敵でした!)を見せてもらったり、音楽チームの練習現場にもお邪魔させてもらいました。そこでは、歌ったり踊ったりして、皆で楽しみました!途中、私達が日本から持ってきた文具、布を子供達に渡したときに奪い合い(?)になり、心配しましたが、結局は一人ひとりが好きなものを手にしたようで良かったです。子供達が喜んでくれたので、日本から持ってきて本当に良かったなと思いました。その後子供達とeducadorとお昼を頂きました。お昼、とってもおいしかったです!


2日目はルシアさんとともにもう一つのエマウスに行く前に、子供達がいるエマウスにまず行きました。そこで、私達をベレン滞在中お世話してくれたパトリシアが、(元子供モデルだったということもあり)、子供達のファッションショーのwalkingを指導していました。私達も彼女についてゆき、その現場を見ていきました。





私達が着く前から、子供達は既に素敵なファッションを身にまとい、walkingをしていました。私(素人の目ですが)からすると、もう立派にwalkingをしていて、本物のモデルさんみたいでした(子供達のスタイルのよさにはびっくりです。長ーい足に長ーい手が羨ましいです、、!)パトリシアもその様子に驚きながらも、それにさらに磨きをかけるため指導にはいってゆきました。




 楽しかったファッションショーの後はハーブがあるエマウスの方に行き、そちらにいた薬剤師さんにお話を伺う事ができました。その方はとても薬草についての知識をもっていらした方で、母だけでなく私も勉強させて頂きました。帰りには、こちらが何かをしなければいけないのに、その方が作られたベレン特有の木から抽出した香水までも頂きました。

 
 私と母は2日だけお邪魔させてもらったのですが、少しでも子供達と同じ時間を共有することができてよかったなと思いました。 何より、外部から来た私達を受け入れてくれた子供達に感謝です!


私に人懐っこく接してくれた女の子、そして色々と話しかけてくれた女の子達、、。
きっと悩みもあるだろうに、それを感じさせず毎日を元気に生きていた彼女達から何かパワーをもらった気がします。

 
 また、educador の皆さんにもとってもよくして頂いて、、。 
エマウスでは、「心の温かさ」を皆さんから頂きました。
 
 ブラジル、エマウスで頂いたお返しに、私は、まずカジュ祭でアクセサリーを通して
エマウスの活動を広めることに頑張りたいと思います!
 

   長くなってすみませんが、最後まで読んでいただいて有難うございました!
   

   
           Ate logo! 長田 麻菜


































































Copyright(C) 2018 Movimento República de Emaús Japan ALL Rights Reserved.